夏の準備を始めましょう!

太陽の光は私たちが生きていく上で必要不可欠な存在です。ストレスホルモンを減らし、ビタミンDの生成に貢献し、免疫のシステムを強めてくれます。しかしながら強すぎる紫外線や長時間の日光浴は、肌や髪の毛にダメージを与えかねません。それに対しては様々な日焼け止めアイテムがありますが、近年では私たちの体にとって大切なビタミンDの吸収を妨げたり、化学物質により別の問題が出てきたりすることも分かってきました。

そこでオーストリア発祥のオーガニックコスメブランド「マリアス」が考えたのが植物の成分を利用した自然なビフォア&アフター サンケアです。


ビオ サンケアオイル


マリアスのサンケアオイルに含まれるシーバックソーンオイル、オリーブオイル、カルナウバワックス、そしてエーデルワイスエクストラクトは、メラニンの生成を活性化させることで皮膚自体が持つ自然な日焼け止め作用を促してくれます。

夏を迎える前に日々このサンケアオイルを使うことで太陽に慣れ、ビタミンDの生成を妨げずに紫外線に強い肌を作ることができます。

またシーバックソーンオイルは保湿効果も高く、冬の乾燥の季節や敏感な皮膚、お子様の肌にも問題なくお使いいただけます。

※日焼け止めクリームではありません。


ビオ リップクリーム




唇は日焼けをすると赤くなり、乾燥の原因にもなってしまいます。マリアスのリップクリームには、ビーワックスやココナッツオイル、ホホバオイルが含まれ、唇を優しく保護してくれます。サンケアオイルでもお馴染みのシーバックソーンオイルも配合され、ビタミンやミネラルが唇の炎症を鎮めてくれる働きをします。動物性油脂の含まれていないヴィーガンタイプもありますので、お好みのものをお選びください。


ビオ ヘアパック インテンシブリペアー




紫外線のダメージは髪の毛にも及びます。髪がパサついたり切れやすくなる前に、週1回のヘアパックがおすすめです。ホホバオイルやアロエベラ液汁、カミツレは、傷んだ髪や炎症を起こした頭皮に優しく働きかけます。夏の強い日差しを浴びる前、後にケアしてみてください。


ビオ アロエベラ保湿ジェル ピュア

アロエベラ保湿ジェルは、特に日焼け後のアフターサンケアとしておすすめです。アロエベラには傷んだ皮膚の細胞を修復したり、炎症を鎮める働きが期待できるため、日焼けした部分に塗るのがおすすめです。また、サンケアオイルと1:1で混ぜてお使いいただくとより効果的です。