アロエベラ

もう随分前のことになりますが、私の祖母は植物が好きで、庭だけでなく家の中でもいろんな植物を育てていました。中でも祖母が大切にしていたのがアロエベラでした。どこかに傷ができたらアロエベラの葉を切って傷口に塗り、またある時にはその葉の液をそのまま吸っていたのを覚えています。




私の中では漠然とアロエベラは体に良さそうというイメージがありましたが、今こうしてフィトテラピーを学び、近年体のケアのために様々な形で使われているのを見ると、昔から伝わる知恵袋こそ大切にしていかなくてはいけないな、と思ってしまいます。

今日はそんなおばあちゃんの知恵袋の1つである「アロエベラ」という植物について、それから「アロエベラ」を使ったおすすめのケア商品をご紹介していきたいと思います。

 

万能なアロエベラ

「アロエ」という名前でも呼ばれていますが、実はアロエには数百種類もあり、その中でも真のアロエを意味する「アロエベラ」が主に食用やお肌のケアに使われているそうです。

日本でも暖かい地域で栽培されているアロエベラですが、原産は北アフリカと言われています。少ない水でもよく育ち、昔から薬草として様々な場面で使われてきました。アロエベラには160以上もの重要な物質が含まれており、その中にはアミノ酸、ミネラル、酵素、ビタミンなど私たちの体に有効なものがたくさんあります。


 

特にお肌に使うことで、皮膚を柔らかくし、水分を保ち、またうるおいを促してくれる役目も果たしてくれます。私たちの肌は約28日の周期でターンオーバー(肌が新しく入れ替わる)が行われていますが、アロエベラにはその周期を整える働きがあり、自然に若々しさを保つことへと繋がります。また皮膚を保護してくれる作用はとても有名で、アフターサンケアとしても有効です。

またアロエベラに含まれるビタミンやミネラルは、髪の毛を健やかに保ってくれます。頭皮の乾燥に対してもおすすめです。

 

アロエベラを使ったマリアスのスキン&ヘアケア


お肌や髪の毛にも良いとされるアロエベラは、マリアスが最も多く使っている植物の1つです。

 


ビオ アロエベラ 保湿ジェル ピュア はとてもシンプルなケア商品で、アロエベラの葉の汁とヒアルロン酸をベースに作られています。普段の保湿ジェルとしてだけでなく、男性のアフターシェービングや日焼け後のケアにとてもおすすめです。



マリアスのシャンプーシリーズにもアロエベラの葉汁がベースとして用いられています。

ビオ シャンプー ボリュームケアは更にハチミツとビールの成分が入り、髪のダメージを抑えてくれます。
ビオ シャンプー センシティブはリンデンやイランイランが加わり、頭皮に潤いを与えながら爽やかに洗い上げてくれます。
ビオ シャンプー クリア&シャインにはローズマリーやジュニパーといったハーブがアロエベラと一緒に頭皮のケアを促してくれます。

 

今回は主に4つのアロエベラを使ったケア商品をご紹介しましたが、その他にもアロエベラは様々な商品のベースとなっています。ぜひ他の商品の内容もご覧になりながらお使いいただければと思います。


☆マリアスのケア商品はすべてオーガニック認証を受けています。



AMPP メディカルフィトテラピスト
Elisabeth.M