心地良い夏の眠り

自然から生まれた私たちの体を最もよく理解する素材は自然素材。湿度が高く、寝苦しい夏の夜に「麻」を選択してみませんか?

麻は紀元前から使用されている自然素材で、衣類や寝具、下着など様々な生活の場面で人類を支えてきました。現在も特に夏の素材として人気のある麻ですが、一体どのような特徴があるのでしょうか。


 


麻は亜麻の茎から得られる繊維です。この繊維の最大の特徴は束を形成するということです。例えば綿は反対に、束ではなくバラバラの繊維で構成されているため、こういった意味でも麻は元より丈夫であることが分かります。洋服や寝具なども破れにくく、非常に長持ちします。

麻には抗菌性と吸水性が備わっていることから、水分レベルを低く保ち、バクテリアの繁殖を抑えることができます。吸収された水分は素早く放出されるため、熱がこもることがなく通気性も良くしてくれます。この特徴は汗による臭いを発生させにくくするため、麻は非常に衛生的な自然素材と言えます。また麻は微量ペクチンを含んでいることから、汚れをはじいてくれる性質も持っています。更に静電気を起こしにくい素材であることから、肌に触れる寝具、衣服には最適です。


 

麻製の製品は60度で洗うことができますが、染色されたものにおいては40度以下をおすすめします。素材を傷めず長持ちさせるためには、漂白剤や化学的な洗剤の使用は避けた方がよいでしょう。麻は乾燥した高熱に弱いため、アイロンがけの際は、少し水分を残した状態にするのがベストです。