心身を癒してくれる森の香り 

アルプスの女王 シモフリマツ


森の小道や自然の中を歩いていると、つい目を瞑って深呼吸をしたくなることがありませんか?木が風に揺れて漂ってくる香りをいっぱい吸うと、なんだか気持ちがよくなり、リラックスしてきます。



木を含む植物は、それぞれが種を残すためにいろんな物質を作り出してきました。虫や鳥をおびき寄せるために良い香りを出したり、時には身を守るために強い物質を発したりします。

そして私たち人間は、植物が作り出す様々な物質の成分を研究し、現在もいろんな場面で役立てています。その1つが精油です。
精油はそれぞれの植物の成分により香りが違い、シトラス系、ハーブ系、樹脂系など、様々な香りを楽しむことができます。

中央ヨーロッパ、特にオーストリアでは「シモフリマツ」という松の一種の香りがとても人気です。「アルプスの女王」とも呼ばれるシモフリマツは、標高の高い過酷な地域で育つためとても強く、貴重な成分を蓄えています。




昔から眠りの質を良くしてくれたり、嫌な臭いを消してくれる香りとして有名で、オーストリアではシモフリマツを使った寝具、家具もたくさんあります。

中でもシモフリマツの精油は数滴垂らすだけでも部屋中に香りが広がり、1本持っているだけで気軽に使うことができます。精油の香りを吸入することにより、心拍数が落ち着き、精神をリラックスさせてくれるという効果は、科学的にも証明されています。

 

シモフリマツ精油の楽しみ方




シモフリマツの精油をティッシュやディフューザー(持っている方)に1,2滴垂らしてお使いください。

ハートの受けとセットの場合には、シモフリマツの精油を1,2滴受けのシモフリマツのチップに垂らします。

空間が広い場合には量を調整してお使いください。